「ギガヤバ革命」UQWiMAXとNURO光、どちらがイイの!?


インターネットが普及しはじめてから久しく、世の中にはさまざまなインターネットサービスが存在するようになりましたが、中でも昨今テレビCMなどで、「ギガヤバ革命!」をキーワードに強い印象を残しているのが、UQWiMAX、というインターネット接続サービスです。

キーワードのインパクト、そして青いキャラクターの見た目インパクトは抜群なのですが、果たして、サービス面ではどうなのでしょうか?
Wi-Fiも提供している、光ファイバーインターネットサービス、NURO光と、どちらがイイのか!? 比較してみました。

「どこでもつながる」がキーワード、しかし……?

Wi-Fi
Wi-FiとWiMAXで共通しているのは、「無線インターネットが楽しめる」という点です。しかし、NURO光に付随しているWi-Fiサービスは、自宅の中でWi-Fi電波を飛ばし、自宅の中では無線でインターネットを楽しむことができる、というもの。一方で、UQWiMAXが提供しているサービスは、スマートフォンと同じくらいのサイズの、モバイルWi-Fiルーターを持ち歩くことで、自宅の外でもWi-Fiを持ち歩き、どこでもWi-Fiをつなげてインターネットを楽しめる、というものです。

すると、UQWiMAXの利点は、4G通信やLTE通信で通信量に制限がある携帯やタブレットも、モバイルWi-Fiルーターさえあれば通信制限に関係なく、常に高速通信が可能になるということに他なりません。まさに、どこでもインターネット、どこでも高速通信。今月、通信制限がかかりそうだから……と、外出先で動画を見るのを遠慮することは、もうありません。

ただ、あなたの自宅が、UQWiMAXの電波を最大限に受信できる場所なのかどうか? これは、必ず契約前にリサーチが必要です。もちろん、サービスエリア内なのかどうかは、事前に調べていただけます。しかし、マンションやアパートの中だったり、下層階、もしくは地下の場合、WiMAXの電波が十分に受信できないのは日常茶飯事です。

もちろん、エリア内であるにも関わらず、ということになりますので、サービスエリア内であることは当然として、それだけでは判断できないものがあるということです。
さらに、もしも外出先でも使いたいという強い要望があるとして、良く行く外出先の受信レベルも事前に調べておきたいところ。行きつけの喫茶店が地下にあるというだけで、利用価値が半減する可能性も大きいということです。

もうひとつ注意しておきたいのは、モバイルWi-Fiルーターは、必ずしも朝から晩まで電池が持つものではないということです。昨今では、スマートフォンの電池の持ちはかなり良くなってきていますが、モバイルWi-Fiはまだそれに追いついていない部分も。朝早くに出かけ、夜は遅いという場合には、途中の電池切れに備えて、常にモバイルバッテリーの用意が必要です。
「いつでもつながる」はずのUQWiMAXですが、現実には「いつでもつながる……とは限らない!?」と考えておいたほうが良さそうです。

早い、サクサクを目指すならやっぱりNURO光

NURO光
先述の、どこでもつながるとは限らない……ということを踏まえて、NURO光のサービスとどちらが良いのか、考えてみましょう。
NURO光では、自宅の外でWi-Fiを使うことはできませんが、自宅内であれば、タブレットやスマホでWi-Fiを利用し、高速通信を楽しむことができます。このときの通信速度は、下り最大450Mbps、という速度で表されています。

ここで、モバイルWi-Fiルーターの通信速度を数値で見てみましょう。「ギガヤバ」UQWiMAXの、モバイルWi-Fiの通信速度は、最も早い機種で、下り最大220Mbps。 つまり、NURO光のWi-Fiは、「ヤ倍速」の2倍以上の速度が出るのです!

もちろん、パソコンなど有線接続のできる機器でNURO光を使えば、下り最大2Gbpsで利用できます。UQWiMAXのみの契約で、パソコンでもインターネットをしようと思えば、やはり最速で220Mbpsという制限の中で暮さなくてはなりません。

おわりに

このように見ますと、やはりパソコンでインターネットをする人にとっては、NURO光の接続速度が欲しいですね。一方、パソコンがない、スマホやタブレットのみで生活している、という場合には必ずしもそうではないかもしれませんが、それでもNURO光があれば、自宅で倍以上の通信速度を使える、ということは、覚えておくとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加