NURO光で固定電話を契約するといくらかかる? 他社と比較すると高い?


2015年現在、世界最速をうたう光インターネット、「NURO光」。NURO光に変えると、インターネットが早くなる、安くなる、と言われています。しかし、現在、光インターネットやADSLで、IP電話をよく使っている人にとっては、電話サービスも気になるところです。

IP電話サービスは、インターネットを利用して電話ができるサービスのことです。今までは、電話回線だけが電話だと思われていたような節がありますが、現在では、同じインターネット会社や、提携している会社の契約者同士が無料で通話できるIP電話サービスができたおかげで、IP電話の機能や料金は、インターネットプロバイダを選択する際にも、大きなポイントになりつつあります。

NURO光にも、もちろんこのIP電話サービスがありますので、その内容を見てみましょう。

NURO光のIP電話利用料金は?

fc0fbd769742f80eea6d72129d510fb3_s
NURO光には「NURO光でんわ」という、IP電話サービスがあります。
気になる月額使用料ですが、これはユニバーサルサービス料を含めて、月額502円です。
通話料は、かける相手の電話によって、細かく分けられています。

国内の一般固定電話と、IP電話に対しては、3分7.99円でかけられます。但し、無料でかけられるIP電話の提携先が充実しており、無料範囲は
NURO 光 でんわ / ケーブルライン / BBフォン光 / BBフォン / BBフォン(M) / ひかりdeトークS / ホワイト光電話
と、非常に幅広いのが特徴です。
国内の携帯電話に対しては、時間帯によって1分20~25円。但し、ソフトバンクの携帯とまとめて「ホワイトコール24」を申し込んでいる場合は、ソフトバンク携帯への通話料は無料です。



他社のIP電話料金はどうなっているの?

a43c687fa366307245ea35b52846fd6b_s
ここで疑問なのは、他の会社のIP電話サービス料金ですよね。お得といわれるNURO光だけど、電話サービスも本当にお得なのでしょうか?

そこで、光インターネットサービス大手の、フレッツ光の料金とサービスを見てみましょう。

フレッツ光も「ひかり電話」というIP電話サービスを持っており、月額費用は、ユニバーサルサービス料を含めて502円となります。
通話料は、固定電話への通話が3分8円です。これだけだと、NURO光に比べるとあまり変わらないような印象を受けますが、よくよく見ると、サービス範囲が全く違います。

この金額は、IP電話への通話料ではなく、あくまでも固定電話への通話料です。IP電話への通話料は、3分10.4~10.8円と、なんと固定電話と比べて値上がり! さらに、ひかり電話から通話料無料でかけられるIP電話は存在せず、おなじひかり電話への通話でも、固定電話と同じく3分8円の通話料がかかります。
携帯電話への通話は、1分16~17.5円。ここは、NURO光と比較すると割安だと言うことはできます。

しかし、現在では、大体多くの人が携帯電話や、スマートフォンを持っていますね。そして、スマートフォンでもIP電話サービスが普及してきていることを忘れてはなりません。例えば、多くの人に利用されているスマートフォンアプリ・LINEは、LINEユーザー同士で無料通話ができるIP電話機能を兼ね備えています。ですから、家のIP電話から携帯に電話をかける機会は、徐々に減ってきているのです。

さらに、現在では、格安スマホなども参入し、携帯電話業界も、通話サービスの充実と向上を図りつつあります。どの電話にかけても無料、どの携帯にかけても無料……というサービスが目立ち始めていますので、宅内に設置されるIP電話には、IP電話同士の通話料が安い、もしくは、無料で通話できるIP電話が多い、という機能が求められつつあるのです。

おわりに

その観点から見れば、携帯への通話料は割安だけれども、無料通話できるIP電話のない、フレッツの「ひかり電話」か? NURO光の提供する「NURO光でんわ」か? どちらが安価か、利用価値があるのかは、おのずから答えが出るような気が致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加