NURO光は「プロバイダ選択」ができない?どう対処したらいいの?


世界最速でインターネットに接続できる! ともっぱらウワサになっているNURO光。しかし、「NURO光は、プロバイダ選択ができない!」ということで、乗り換えを迷っている方もいらっしゃるようです。

これを、「NURO光の欠点」として挙げているサイトもありますが、実際にこれが欠点なのかどうか、検討してみたいと思います。

そもそもプロバイダって何なの?

c450d01347c958d6008963e9b48d044b_s
プロバイダというのは、「OCN」であったり、「Yahoo!BB」であったり、「BIGLOBE」であったりします。有名どころを挙げましたが、これらの他に、プロバイダ業者はとてもたくさんあります。それが結局何なのかというと、「インターネットを接続するための業者」。つまり、インターネットのための回線が存在しても、プロバイダと契約していなければ、インターネットに接続することはできません。

一方で、プロバイダと契約していても、光回線の回線業者と契約していなくては、同じようにインターネットに接続することはできません。少し前、「フレッツ光」がインターネット光回線の主流だった頃には、「回線業者(つまり、NTT)」と、そのほかに「プロバイダ」を契約しなくては、光回線でインターネットに接続することができなかったのです。

本当に、NURO光だけがプロバイダを選択できないの?

6293adaf2cad3b3cde0d83e97a3cae94_s
現在では、光回線の業者はNTTのほかに、auひかりが台頭しはじめています。このauひかりでも、プロバイダを選択することができます。ただ、フレッツ光では、プロバイダとNTTの2箇所に料金を支払わなくてはならないのですが、auひかりの場合はプロバイダ料金がコミコミの料金設定になっているので、プロバイダ選択ができない、と勘違いしている人もいます。実際には、auひかりの回線を契約していても、BIGLOBE、ASAHIネット、@Nifty、So-netなど、7種類のプロバイダから1箇所を選んで契約することができます。この中には、auが提供している、au-oneネットというプロバイダも入っています。

一方のNURO光ですが、こちらは、そもそもプロバイダであるSo-netが提供している光回線です。元々がSo-netであるだけに、プロバイダはSo-net一択、検討の余地はない……というのが、特徴のひとつにもなっています。
NURO光のサービス提供範囲は現在、関東圏のみとなっていますので、関東圏でほかに選択可能な光回線は実質、NTTのフレッツ光と、auひかりです。この中で、NURO光だけが、プロバイダを選択できない、というのは事実なのです。

ですので、もし既存メールアドレスをそのまま利用したい場合は、既存のプロバイダの利用プランをメールプラン(月額数百円)にグレードダウンしていただくことをお勧めいたします。

プロバイダ選択できないのは、マイナスなの?

e2d97191e168c323db79aefb5b831aa9_s
それでは、プロバイダを選択できないことは、ユーザーにとって、マイナスになるのでしょうか?

プロバイダ選択でひとつ、ポイントとなるのは、そのプロバイダと契約することによって得られるメリットの大小です。プロバイダはそれぞれ、契約者のためにさまざまなサービスを用意しています。例えば、動画視聴や、ゲーム、ブログサービスなど、プロバイダによってどのサービスをどのくらい無料で提供してもらえるかは違ってきます。

ただ、そのどれを選ぶかは個人の好みがある反面、昨今ではどこのプロバイダでも、提供されるサービスがある程度拡充しきって、似たり寄ったりになってきているという現実があります。
つまり、プロバイダは今や、「どこでも同じ」時代が既に到来していると思ってよいでしょう。

現在、インターネット接続サービスの選択で重視されているのは、プロバイダのサービスではなく、回線そのものの「早さ」、あるいは「安定性」です。従来のような文字や写真だけではなく、動画サービスが充実しはじめたインターネットの世界の中では、いかにノンストレスの通信を確保するか、ということが重要なのです。

おわりに

これを考慮すると、プロバイダが選択できないNURO光の現状は、決してマイナスポイントとは言えません。
NURO光では、回線はNTTの安定した回線を使い、さらに世界最速といわれる通信スピードを確保することができます。このことを考慮すると、プロバイダが選択できないからといって、さして大きな問題ではない……と言えるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加